スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

達人のオーブ

こんばんわ、VER3になってから実装された達人のオーブと言うシステムがあります

達人のオーブと言うのは

バージョン3をインストールしている
バージョン1のシナリオをクリアしている


2つの条件を満たしていれば、コンシェルジュから達人のオーブがもらえます。

たつ陣のオーブ
たつ陣の元へ

僕はプライベートコンシュルジュからもらいましたけどね
宝珠と石版

しかし、達人のオーブを持っているだけでは意味がありません

コンシェルジュから達人のオーブを受け取ると、一定以上の強さのモンスターが時々「宝珠?」というアイテムをドロップするようになるので、その宝珠と、小さなメダル20枚と交換して石版を手に入れます

宝珠?は宝珠?を手に入れたら、【グレン城下町駅、風の町アズラン、ジュレットの町、岳都ガタラ、オルフェアの町、真ダーマ神殿】にいる達人に鑑定してもらうことで、正式な「宝珠」に生まれ変わります。
○宝珠の効果を発揮するには、ちいさなメダル20枚と交換できる「穴のあいた石版」にはめ込む必要があります。
○石版は最大4つまでセットすることができ、穴のあきかたはもらったときにランダムで決まります。
※宝珠は売れません
※宝珠の効果はコロシアムでは反映されません
○宝珠は達人が100個まで預かってくれます。

セットしましょう

最初はただで宝珠をもらえるのでそれをセットしましょう

同じ種類しか

ただし、炎は炎と言う感じで、違う属性の物同士をはめ込むのは無理です

さらに達人のオーブのレベル上げのシステムはと言うと

○達人のオーブは戦闘やクエストで経験値を獲得することでレベルアップし、獲得した達人ポイントを使って石版にはめた宝珠の効果をさらに高めることができます。 特訓のようにモードを切り替えるわけではなく、キャラクターが獲得する経験値や特訓スタンプはそのままで、平行して達人のオーブにも経験値が入る形になります。元気玉や、料理による経験値アップ効果も反映されます。

レベルアップに必要な経験値は125000、獲得できる達人ポイントは5Pで固定です。
経験値は【炎】→【水】→【風】→【光】→【闇】の順番に入るので、5属性全てのレベルを1つ上げるためには125000×5の経験値が必要となります


ちなみに宝珠は

炎:大きく分けるとステータスアップと異常ガードの2通りがあります

水:開始時・死亡時・被ダメ時など特殊な時に発動します。

風:「その他」。炎・水・光・闇に該当しないものの集まりです

光:職業別の特技・呪文・必殺の効果を高めます

闇:武器別の特技の効果を高めます

おすすめ

炎:不屈の闘志(HP+2)鋼鉄の肉体(みのまもり+5)鉄壁のはどうガード(はどうガード率2%)

水:始まりのチャージタイム短縮(開戦時2%でチャージタイム短縮)始まりの聖女の守り(開戦時2%で聖女の守り)始まりのキラキラポーン(開戦時2%でキラキラポーン)

風:打たれ名人(受けるダメージを2軽減)かちどきMP回復(敵を1匹倒すとMP1回復)奇跡の会心攻撃(会心&暴走時ダメージ+5)

光と闇に関しては使う職業によって変わるので、これがお勧めとは言えません
そして宝珠は一度はめると任意でレベルの上げ下げができるので場所に応じてレベル調整もいいと思います

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふゅりる

Author:ふゅりる
オルフェアの8433丁目、マッシュルーム1番地に自宅があります。種族はドワーフ族ですが、しばしば人間になってたりします

職人:ツボ錬金のレベル43です

メインは短剣盗賊です。酒場にも盗賊でおいています

サーバーは主に21に出没しております

また、このブログのドラクエ関係の記事は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

チームはミーティア ☆彡に加入しました

プロフ絵はアユミ先生が書いてくれました さんくす・めるしーぼーく・だんけしぇーん・ぐらっつぇ・おぶりがーと・ぐらしあす・ありがとう・しぇいしぇい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ついったー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。